大阪で愛車にガラスコーティングをしてずっとつるつるぴかぴか!

Car coating

カーコーティングとは何か

カーコーティングとは、車のボディーを日光や雨風からの影響を極小にするため、ポリマーという特殊な高分子重合体によってコーティングすることを言います。普通のワックスとは異なります。ワックスの成分は油であるため、ボディーに塗ることで油脂加工される結果、雨を弾き、汚れにくい状態に保ちます。しかしながら、ワックスは油脂加工であるものの、水に弱く、次第に流れ落ちてしまいます。また油脂によって逆にボディを傷つけたり、ボディの色が変色することもあります。
一方でポリマー加工されたカーコーティングでは、高分子重合体であることからきめ細かい皮膜を作ることができます。そのため、ガソリンから出るススや雨風から汚れを防ぎます。また、持続効果も長く、長いものでは3年も効果があります。カーコーティングした場合で、仮に雨風で汚れた場合、柔らかい布でさっと拭き取れば綺麗になります。特に愛車を屋根がない屋外駐車場に置かざるを得ない場合は、ぜひカーコーティングをしてください。コーティングをしている場合とそうでない場合とで、車のボディの綺麗さや内部の腐食の進行度が全く異なります。ワックスとは違い、ポリマー加工の費用が高いですが、一度すれば効果も長いです。